老害と老人顔

 森五輪組織委員会会長が女性蔑視の発言を巡って辞任した際、会見の中で”老害と言われるなら”との発言をしていた。老害とはなんだろうか。歳を取り判断力が鈍ったり、体力が低下して行動力が無くなる事だろうか。自分自身では気が付かないが、周りにいる家族や知人たちが感じる事なのだと思う。従って、自分自身の口から”老害”と言う言葉が発せられるという事は、自身が周りの情勢や対応からそれを感じているからだと思う。森委員長は、自分でもうすうす感じていた中で、今回の騒動で家族にはっきりと失言を指摘され、辞任を言われたのだと感じる。それで、決心がついたのだろう。過去の実績や名誉を傷つけない為にも、退け時だったと思う。

 もう一人、政界で老害を指摘されている人物がいる。二階堂自民党幹事長である。現在の自民党のボスであり、歴代の総理大臣誕生に影響力を及ぼし、現総理大臣にも大きな影響力を持っている。森氏、二階堂氏、麻生氏など、政界で失言を繰り返している高齢政治家は多い。しかし、政治家には定年が無く自身が引退を決意するまでは、何歳まででも仕事が出来るし、政党の重鎮になっている場合には、若い議員達から”老害”を指摘されることもないだろう。もし、そのような発言をすればその者は忽ち干されてしまうからだ。従って、若い40代、50代の政治家が育たない。マスコミもこぞって若手政治家の未熟さや失敗を書き立てるので、名誉挽回のチャンスも与えられず、潰されてしまう。

 特に政治家は、過去の栄光や実績にとらわれず、顔の変化や行動に注意するべきだと思う。自分がそうであるように、70歳を過ぎると、顔の弛みが顕著になり、目がシジミ目になってしまう。自分の父親の晩年の顔にそっくりになって来る。目がシジミ目になり、眼光が低下し、曇ってまさに老人顔になって来ると要注意、老害の予兆である。行動にも予兆がある。どう見てもよちよち歩きで、まっすぐ歩けないような人物の脳が、正常に的確な判断が出来るとは思えないのだが。

 アメリカのバイデン大統領も高齢で、認知症を指摘されており、老害の仲間入りしている政治家の一人であろう。度々失言を繰り返しているようだが、老害を払拭しようとする努力が痛々しい。演説などで登壇する際に、必ず駆け足で移動するが、つまずいて転んでしまうのではないかと、ハラハラドキドキして見ている。眼もシジミ目に近いが、眼光だけは日本の政治家に比べると鋭い。

 自分が70歳を過ぎた今、いくら好きな事をやっていても、思考力、行動力が徐々に低下して来ているのを実感している。顔も老人顔になり、そろそろ老害と言われるだろう。政治家も定年制を設けて、75歳定年としたらどうだろうか。政治家が若返り、日本の前途が開けるのではないだろうか。

 

 

問題は電子カードか機器か?

 銀行のキャッシュカード、クレジット・カード、交通系カードなど、インドネシアでもキャッシュレス化が進み、毎日必ずカード決済を使用するようになったが、色々な問題が発生し、ストレスが増幅している。

 高速道路の通行料金の支払いは、殆どがカード決済になっている。しかし、支払い(決済)にかかる時間が長く、ラッシュ時には料金所が長蛇の列になってしまう。e-cardを機器に接触又は近づけると、機器が反応してゲートが開き領収書が発行される構造になっているが、機器が10秒以上も反応しないので、運転者はカードを何回も裏返したり、接触を繰り返している。挙句にカードを地上に落としてしまう者もいて、さらに渋滞が激しくなる。機器の性能が悪いのか、カードの品質が悪いのか不明である。

 銀行のキャッシュカードが突然ブロックされたので、支店の窓口に出向いて調べて貰った。パソコンで取引データを調べていた行員曰く、直近で利用したATMに異常が有りカードがブロックされたとの事。そのような事態(システム構造)が納得出来ないまま、暗証番号を変更してブロックを解除して貰った。未だに、ATMの不都合でカードがブロックされるシステムが理解できない。

 ジャカルタMRTが開業した際、やはり交通系カードが自動改札機に反応しない問題が発生して、カードの製造元を変更した事がある。MRT事業者によると、カードの品質が悪いのが原因との事だった。自動改札機は日本製、カードはローカル製だった。その後、カードは外資系製のものが使用されているらしい。

 機器もカード類も国産のものを使用するのは結構だが、品質が国際基準を満たしているか、利用者のサービス向上に貢献しているかを厳しくチェックして欲しい。

 

銀行ATMの不便

 インドネシアでは、街中に銀行のATMが配置されており、24時間手数料なしで利用出来るので、日本に比べると非常に便利なのだが、インドネシア特有の不便さも感じている。

 預払機は非常に少なく、銀行の支店に併設されたATMコーナーや高級モールのATMコーナー等に少数しかない。預ける場合には、預払機のある場所を探す事になる。一般的には、支払機が殆どで、偶に現金を扱わない送金・支払い専用機がある。日本の様な、万能なATM機は殆ど無い。

 支払機は、送金・支払いなども可能であるが、一回の操作で引き出せる金額(紙幣の枚数)が予め設定されており、高額を引き出そうとすると何回も操作を繰り返すことになる。又、ATM機には5万ルピア札用、10万ルピア札用の2種類の設定があり、操作回数がさらに増加する。5万ルピア札機では1回の最高引き出し額が100万ルピア(20枚)、10万ルピア札機では1回の最高引き出し額が200万ルピア(20枚)となっていて、どちらのATMも紙幣5枚を追加設定出来るが、それでも1回の最高引き出し額は125万ルピアと250万ルピアである。

 ATM機にも新旧様々なタイプがあり、旧式の場合、1回ごとに銀行カードが排出されて何回もカードを出し入れしなければならず、非常に面倒である。最新式のATMでは、暗証番号は毎回入力するものの、連続して引き出しが出来る。また、新規に開店した大型ショッピング・モールに旧型のATMが設置されていたり、利用者が少ないと思われる様な僻地に最新型のATMが配置されていたりして、銀行の配置基準やサービス精神が疑われる。機器のメンテナンスもキチンと行われているのか疑わしいのだが、私は過去に2回キャッシュ・カードがATMに飲み込まれたまま排出されず、カードのブロックと再発行という被害(時間ロス)を被った。銀行員曰く、ATMの故障が多いので、支店に併設されたATMコーナーを極力利用する様忠告された。(問題発生時に、銀行員が対応出来るから。)

 私は、月に2~3回は現金を引き出すためにATMを利用するのだが、1回に500万~1000万ルピアを引き出すため、10万ルピア札機を求めて探し回る事になる。5万ルピア札機で8回も操作する事が我慢できないのだ。やっと探し求めたATMが混雑していたり、故障していたり、通貨切れだったりするとさらにストレスが倍増する。ATMコーナーで

送金・支払機や5万札機が空いているのに、1台しかない10万札機でトロトロと送金や支払いをするおばさん(圧倒的に多い)、勘弁して欲しい。

 何と日本は便利なのだろう。金種や引き出し額を自分で設定し、何でも1台のATMで処理出来て、圧倒的にスピードが速い。時間を大切にする、顧客サービスを大切にする日本の銀行に感謝。

 

コロナ感染対策が解らない

 最初に大規模社会制限が発令された時は、明解であった規制内容が、社会制限の緩和、再強化を繰り返すうちに、良く解らないものになってしまった。また、政府が対策を地方自治体の首長に移譲し、首長は自治会長に移譲する事態になって、益々、対策の内容の不鮮明さに拍車をかけている。

 車の乗車人員規制は既定乗車人員の50%以下から通常に戻り、車両ナンバーの奇数・偶数による都心部への規制は一時的に中止されているが、私が居住するボゴール市では週末の金曜日~日曜日に奇数・偶数ナンバー規制により、市内全域での通航制限がされている。居住する地区の県・市・州から居住する地区外への移動には、PCR検査等の陰性証明書の所持が義務付けられているが、当初設置された検問所も無く取締りはされていない。

 会社の社員の出社率は、全従業員の25%以下から50%以下に緩和されているが、大企業を除く殆どの企業は出社率100%になっているようだ。朝晩の高速道路の渋滞がコロナ以前の状態に戻っている事、通勤電車の大混雑振りがそれを裏付けている。従業員にとっては、コロナ禍で倒産や解雇が増加する中、必死で会社にしがみついているのだと思う。

 モールやレストラン等の入場時のコロナ対策も、以前に比べるとかなりラフになっている。当初から、手洗い・消毒、検温、マスク着用を義務付けて、セキュリティーに管理させているのは、外資系のモールやレストランが多い。その他の店舗では、入り口に消毒液が置いてあるだけで検温もやらないところもある。3密を避けるための着席人員の規制や離隔距離の確保、テーブル・椅子の消毒なども全くいい加減になってしまっている。

 ジャカルタやボゴールの街を見ているとマスクを着用していない人が多くなった。着用率は50%~70%程度に見える。規制の緩和・強化の繰り返しや地方自治体毎の規制内容の違いで、市民は今規制されている内容が解らなくなっているのではなかろうか。そして、ワクチンの接種が始まったので、もう安心と以前ほど注意を払わなくなったようだ。国民全員に接種するのは3年掛かると言われている。マスクを外せるのは、3年後だ。それまで、無事に過ごしたい。

 

 

目立ちがり屋

 インドネシアは、”目立ちがり屋”の人が多い国だと思っていたが、最近は日本やその他の国でも”目立ちがり屋”が多くなったように思う。コロナによるストレスが要因なのか、トランプ元大統領の影響で自分主義が高まり自己顕示欲が増大したのか、ただひたすら静かに慎ましく行きたい私にとっては、理解し難いのである。

1)ツイッター

  政治家、芸能人、一般人など多くの人達が利用し、他人の言動に異議を唱えている。自分の考えや意見を他人に知らせたいという欲望は理解できるが、さも専門家のように、自分が一番知っているかのように、理屈を捏ねた投稿を見ていると、何故自分の意見や考えのみを言わないのか理解できない。個人の意見や感想は、理路整然とした裏付けや正当性が無くても良いのではないかと思っている。個人の考えを伝え、それを見た人がどの様に考えるかは、受け止める人次第であろう。私は、ツイッターの情報は全く信用しない。他人の考えを知るために利用している。

2)政治家の発言

  先日、五輪組織委員会の森会長が、女性蔑視の発言をしたために、国内外からパッシングされている。首相を経験した森会長は、過去にも多くの失言があり、その都度やり玉に挙げられている御仁である。マスコミに囲まれてご満悦になって口を滑らしてしまう事の無いように、地位のある御仁は十分注意する必要があろう。老害と言われない為にも。

くれぐれも、経験に基づく意見を発信して貰いたいと思う次第である。

   

コロナ肺炎の爆発的な増加

年末から感染者が急増し、最近では1日の感染者が全国で1万人を突破、ジャカルタで3千人に迫る勢いである。元々、衛生観念の低いインドネシアで、感染予防をしながらの経済活動を再開するという方策が間違いであろう。

最近では、街中の人達もマスクを着用していない者が多い。着用していても、顎の下にずらしていて、何の効果も無い状態である。そもそも、法令で着用を義務付けられて、罰金怖さの為に着用していた者が大半で、取り締まりが形骸化した今では、富裕層や日本人を除いて真剣に予防しようとする者はいない。また、これ程感染が長期化すると、マスク代や消毒液代に回すお金の無い貧困者も多いのではないだろうか。感染が始まった当初は、政府が大々的に予防策の必要性を広報し、マスクなどの配布を行っていたが、それらもじり貧で、マスク着用の看板だけになってしまった。

爆発的な感染は、中流以下の貧困層で発生しているように見える。高級モールでは体温検査、マスク着用、消毒などが徹底しているが、ローカル市場や一般のモールでは、何も対策を講じていない所が多い。航空機、列車などの利用客にPCR検査を義務付けて、陰性証明書の提示を求めているが、元々これらの利用客は中流以上の富裕層の人達なので、予防をしており陽性者は殆どいないのではないか。感染拡大の予防策は、貧困層に重点的に行うべきなのだが。

私は、マスク着用、手洗い・消毒、他人との接触低減で、感染は最小限に抑えられると思っている。コロナ肺炎が発生した当初に戻り、感染予防策を見直したい。私は、外出時にはアルコール消毒液を所持し、絶えず手指の消毒をしている。モール、レストラン、商店などで消毒液が目に留まったら、必ず消毒をする。スーパーのトロリーも取っての部分を消毒してから使用する。マスクは、布製の日本製マスクを使用している。帰宅後は、直ちに手洗い又はシャワーを浴びる。衣類は、帰宅後着替え、一度着たら洗濯する。宅急便などは、包装を解く前に、アルコール消毒をする。

これらを実行する事で、今の所、私を含めた家族に感染者はいない。

 

 

 

イオンモールが開店

インドネシアで3店舗目になるイオンモール・ボゴール店が、10月28日にソフト・オープンした。建設工事の遅れや、コロナ・ウィルスの影響で1年近く遅れた。自宅からは車で高速を経由して約20分程の距離にある。

商業施設は、約30%程度しかオープンしていないが、スーパーマーケットの開店を心待ちにしていたので嬉しい。美味しい輸入牛肉やソースやマヨネーズ、わさび等の地元のスーパーで手に入らない物は、ジャカルタの日本食材店まで買い出しに行っていたが、イオンモールの開店でわざわざジャカルタまで行く必要が無くなった。その他の食材も、イオンモール独自に輸入した物が多くあり、うれしい。

日本食レストランは、牛角、回転ずしのすし亭など数店舗で、ローカル・レストランが多いようだ。ただ、スーパーの調理食品売り場では、寿司や空揚げ、たこ焼き等、色々な商品を販売しているので、十分満足できる。寿司は、下手な日本食レストランよりよっぽど美味しい気がした。

コロナ渦の中の開店だったが、店内は大盛況の3密状態が約1か月経過した今も続いている。入場時の検温、消毒が徹底されているが、クラスター発生が懸念される。開店の賑わいが納まった後、どの程度の常連客を捕まえる事が出来るだろうか。ローカル・スーパーに比べると割高なので、外国人や富裕層に限定されるような気がする。